資料などの準備について

医者と看護師

ほくろ除去を利用するのなら、まずは利用方法や申込を理解しておく必要があります。申込はとてもシンプルなため安心して利用できます。時間があれば、良いクリニックを選ぶため内容の比較を行っていくことも大切です。

詳しく見る

切除の仕方を知る

女性

ほくろに悩んでいる人は多くて、病院で切除を希望する人は多いです。ほくろの切除の仕方は進化していて、メス以外にもレーザーを使用することもできます。レーザーによる切除はメスよりも短時間で終わらすことができます。

詳しく見る

迷ったら受診してみる

看護師

顔に出来たほくろの除去は、状態や大きさなどで費用が大きく違います。保険適用と自由診療でも費用や施術方法が変わってきます。自分では判断できない部分なので、まずは専門医に相談です。いくつか受診して施術方法や費用を確認することも出来ます。

詳しく見る

除去方法はいくつかある

笑顔の女性

次第にほくろが大きく盛り上がってくるのは、母斑細胞が増殖し続けるからです。真皮にまで細胞が増えると真皮内母斑といい、取る場合はくり抜き法や切除法が選択されることが多いです。小さいものはレーザーや電気メスで取り除けます。

詳しく見る

顔の悩みを克服する方法

医者

安い費用で治療できる

整形クリニックではほくろ切除の治療があり、大きさによって値段は異なりますが、5mm程度で1万円の価格で施術が受けられます。ほくろ1つ単位で切除する方法が確立されているために、短い時間で施術が完了できます。顔にほくろがあると相手への印象が大きいですので、取り除くことで顔の印象を大幅に変えることが可能です。近年の切除施術では電気分解法があり、電気を使用したメスで細胞ごと照射します。施術をしてから数日ほどは電気を当てた部分にかさぶたができますが、それも数日から1週間ほどで元の状態に戻ります。通院する必要もなく、1回の施術だけでほくろを綺麗にできる点がメリットです。整形外科ごとに設置してある医療機器が違いますが、高周波を照射する治療法やレーザー施術の選択もできます。電気メスやレーザーであれば細かい部分まで調節して、ほくろを綺麗に取り除けますし、顔の細胞組織を傷つけることはありません。知名度の高いクリニックで施術を受ければ、実績が豊富な専門医が所属しているので悩みを打ち明けやすい体制が整えられています。ホームページ上に術前と術後の症例写真を掲載しているクリニックも多く、患者にとってどのような効果があるのかわかりやすいです。美容整形では自分の考えていた治療と、実際の施術後の状況が一致していることが理想的です。それだけにカウンセリングを重視している美容整形を選ぶことが重要で、カウンセリングに時間をかけている病院のほうが患者の意思を医者に伝えやすくなります。どのような施術方法を希望しているのかや、なぜその方法が自分自身の症状に有効なのかの説明をじっくりとしてもらえます。ほくろが大きいときには切開して除去するために、手術を受けた後は傷跡が目立つように感じます。大きいほくろの除去手術では通院回数が1回で済まないこともあり、3〜5回ほど通う可能性があります。複数回行くことを考えて通いやすい立地条件のクリニックを選ぶことも大事で、遠方地域の美容整形を選んでしまうと何度も通うことが困難になります。カウンセリングで医者から説明を受けますが、施術を終えてから当日中にシャワーを浴びることが可能です。ただし、治療をした患部を触れることは避けなければなりません。入浴は翌日からにしたほうが良く、患部を濡らさないことが大切で、特に抜糸が終わるまではこすらないことが重要です。ほくろの切除法の治療を受けた場合には、1週間後に抜糸をします。それまでの期間は患部を傷つけないように気を付ける必要があり、安静に保つようにしましょう。